速い列車

新幹線が開業してから40年以上たつ。

0系→100系→300系→500系→700系

と受け継がれていくのかと思いきや、500系が東海道新幹線から撤退。少々驚きました。
300系より先に東京口から姿を消すとは思いもよらず。500系といえば、っていう感じの300km/h運転に関しては、山陽新幹線内での話なのであまり関係ありませんが。

そういえばフランス、TGVが350km/hでの営業運転を目指すそうです。

フランスの平坦な地形なら350km/hで運転するのもそう難しいことではないでしょう。何しろ試験走行では515.3km/hまで達していますし。問題は乗り心地でしょうか。

日本の新幹線も同様の試みをしていました。WIN350なんていう試験車両がありましたね。

とりあえずトンネルや曲線が多い上、線路沿いに住宅が多い新幹線は無理をしないほうがいいような気がします。

JR東海はリニア新幹線を作ってますし。JR東海の話しぶりだとどうもかなりの本気の様子。
ここ数年でペースが上がっていきそうな気配です。

先日のドイツで起きたリニア事故ですが、恐らく影響はないでしょう。JR東海のリニアは独立予算なので国家予算に影響されたりしませんし。それにドイツで発生した事故は「ありえない」管理の甘さが露呈した結果に思えます。

ただ速度が上がってくると、少しの衝撃が大変な問題を起こすようになります。

以前、『空想科学読本』でマッハなんちゃらで走るキャラについて、こんな話がありました。


「落ちてきた枯葉に当たるだけで数トンの衝撃を受ける」


・・・おっかない話です。

そういや以前山陽新幹線でトンネル内の壁が剥がれ落ちて・・・とかいう事故がありましたね。

・・・速くなるのもいいけど安全対策が出来るのかってことは不安だね。

そりゃCTCやATC、ATSの性能に関しちゃ、日本は最強だと思うけど。ソフトじゃなくてハードのほうに問題があるように思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック